イベント情報

内田家企画展「四代佐七と芸術家たち」

開催 9:30~16:00(入館は15:30まで)
場所 重要文化財 旧内田家住宅

国の重要文化財である「旧内田家住宅」は、幕末から明治にかけて内海を代表する有力船主であった「内田佐七家(さしちけ)」の家屋です。かつて南知多町内海とその周辺には、多数の廻船船主が居住していましたが、中でも内田佐七家(さしちけ)は有力な船主でした。

今回の展示では、大正の広重といわれた鳥瞰図(ちょうかんず)絵師・吉田初三郎や、常滑の名工・冨本梅月などをはじめ、四代佐七と関わりのあった多数の芸術家たちを、内田家の所蔵資料を通してご紹介します。

 

◇開催期間:2019年9月21日(土)~2019年12月8日(日)
◇時  間:9:30~16:00(入館は15:30まで)
◇場  所:重要文化財 旧内田家住宅(南知多町大字内海字南側39番地)
◇アクセス:
・電車:名鉄電車内海方面に乗車 終点「内海駅」下車 内海駅から海っ子バス 西海岸線に乗車 停留所「内田佐七家前」下車 徒歩2分
・車:知多半島道路 南知多ICを下車 内海方面へ約10分
◇料 金:入館料 300円 (中学生以下は無料)
◇お問合わせ:南知多町教育委員会社会教育課 TEL0569-65-2880(南知多町総合体育館内)
◇関連HP:内田家企画展「四代佐七と芸術家たち