イベント情報

重要文化財 旧内田家住宅

開催 9:00~16:00(入館は15:30まで)
場所 尾州廻船内海船船主 内田家

国の重要文化財である「旧内田家住宅」は、幕末から明治にかけて内海を代表する有力船主であった「内田佐七家」の家屋です。かつて南知多町内海とその周辺には、多数の廻船船主が居住していましたが、中でも佐七家は有力な船主でした。また、佐七家の分家である「内田佐平二家」の家屋も、併せて公開しています。国の登録有形文化財建造物であるこちらの家屋では、廻船に関する資料を常設展示しています。

≪秋の企画展≫ 四代佐七が見た景色 平成30年10月6日(土)~12月24日(日)

四代目・内田佐七は内海を中心とした南知多の風景を数多く写真に残しました。これらの写真を通して佐七が生きた明治から昭和まで風景をご紹介します。

≪春の企画展≫ 桃の節句 平成31年2月2日(土)~3月24日(日)

大正時代の御殿飾り、昭和初期の収納飾りといった内田家の所蔵する雛飾りを中心に、明治から昭和までの雛飾りや、桃の節句にちなんだ資料を展示します。

 

◎公開日 毎週土・日曜日、祝日
※毎週日曜日はガイドが常駐しています。
※年末年始は休館となります。

◎入館料 300円(中学生以下は無料)

◎問合せ 南知多町教育委員会社会教育課 0569-65-2880